秋のオルガンコンサート 2017

秋のオルガンコンサート 2017

2017年 オルガンコンサートのお知らせです。

日時:2017年11月11日(土) 開演:13:30 ~ 開場:14:00~

場所:かもい聖書教会 (教会へのアクセス

*事前の申し込みは不要です。

入場無料

お問い合わせ:メール、電話、FAXも可。(お問い合わせ


神は、実に、そのひとりごをお与えになったほどに、世を愛された。(ヨハネの福音書 3章16節)

オルガンと聖書

今年の秋のチャペルコンサートは、オルガンコンサートとしてバッハを中心とした作品を味わいます。バッハは聖書と信仰に関係する曲を多く書き残しました。その音形や調べの素晴らしさは、音楽的に素晴らしいということ以上に、聖書のことばを音にして語らせているという点にあると言われています。コンサート当日は矢吹綾子先生の演奏を楽しみながら、背後にある聖書のことばを解説していただき、静かに深く聖書を味わうひと時となるでしょう。どうぞご期待ください。

さて、聖書は堅苦しいという印象をお持ちの方もおられるのではないでしょうか。それは、読むと「何をしてはならない、何をしなければならない・・・」という内容が書かれているように思えるからです。しかし、読んでみると、実は聖書が記す中心的な内容は、私たちがすべきことではなく、神様が私たちのために何をして下さったか、であると分かるのです。

上記のことばは聖書中最も有名な箇所の一つであり、聖書の内容を凝縮しているような言葉ですが、ここでも主語は「私たち」ではなく、「神は」です。神が私たちを愛された、という内容こそ聖書の中心なのです。神に愛されていることが分かれば分かるほど、その人は他者を愛する人に結果的に変えられていきます。

チャペルコンサートにおいて、音楽で心癒され、背後にある聖書のことばに慰められる、そのような時になれば幸いです。

牧師:熊久保 公義

ダウンロード (PDF, Unknown)