牧師・スタッフ紹介

●名前 熊久保 公義(くまくぼ きみよし)[牧師]
●略歴
1981年 神奈川県小田原市生まれ
2004年 東京キリスト教大学卒業
2008年 聖書宣教会卒業
松見ヶ丘キリスト教会 伝道師就任 (2010年3月まで)
2010年  4月 かもい聖書教会 牧師就任
●家族 妻と3人の息子の5人家族
●趣味 ピアノ、温泉、読書、スポーツ観戦(テレビで)

●名前 ソマー・ローター[協力宣教師]
●略歴 
1980年 ドイツに生まれる
2007年 リーベンゼラ神学校(ドイツ)卒業
2008年 宣教師として来日
2011年 本郷台キリスト教会協力宣教師
2022年  かもい聖書教会協力宣教師就任
●家族 タベア夫人、長男、長女の4人家族
●趣味 スポーツアクティビティ、絵を描くことなど

●名前 高石 啓明(たかいしひろあき)[伝道師]
●略歴
1991年 神奈川県横浜市生まれ
2012年 桜美林大学在学中にミズーリ大学(セントルイス)に留学。
2014年 宣教船ロゴスホープ号乗船
2021年 聖書宣教会卒業
2022年 かもい聖書教会伝道師就任
●家族 2022年3月に結婚
●趣味 ギターと読書

 

「明日のことまで心配しなくてよいのです。」マタイの福音書6章34節

 いつまで続くのか分からないウイルス禍の中で、不透明な先のことを心配して疲れを覚えることがあります。もちろん将来に向けて準備を重ねることや対策を練ることは賢明なことです。一方で、分からないことをあまりにも心配しすぎて、今日さえも身動きが取れなくなってしまうことはもったいないことです。

 聖書は、未来は人が完全にコントロールできない領域なのだから、明日のための心配ではなく、むしろ今やるべきことを誠実に行うようにと勧めています。そこには、私たちの力を超えた存在である神への信頼が基盤にあります。神さまは、小さな微生物にも命を与え、宇宙の規模さえ治めていてくださるお方であり、私たちに心を配り、必要なものを必要な時に与えてくださるとも聖書に記されています。神を信じるということは、自分でどうすることもできない事柄をこのお方に任せられるということであり、落ち着いた生活を送る鍵ともなるのです。

 日々の生活に疲れを覚える時や、将来のことで不安を感じる時、静かに聖書の言葉に耳を傾ける時間を持ちませんか?どうぞお気軽に毎週の礼拝にお出でください。(牧師)